上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかり秋らしく、というか、
今日などはもう冬の気配がしましたね。



実は、このブログをご覧頂いていた皆さまにご報告があります。

先月の末から、色々な流れがありまして、
アメブロを始めました。

ブログを書くと言っても、皆さまご存知のように
本当に気が向いたときに書いているだけでした。。。

そんな私なので、
新しく始めたことが、今までと変わらなかったら
恥ずかしいなぁと思って、しばらく内緒の状態で
自分を試しておりました。

本当は一ヶ月くらい様子を見ようかなと思っていましたが、
もうそろそろ良いかなと自分の中で感じられたので、
今日、ご報告することにしました。

アメブロは、噂に聞いていた通り、
色々な機能がついています。

まだまだ使いこなせてはいませんが、
とりあえず、記事はこまめに更新できています。

心機一転、もっともっと情報をシェアできるように、
そしてもっと自分の記録をしっかり残していくために、
楽しみながら更新しています。

そして、いまカスタマイズをお願いしているので、
HP代わりの役割も持たせる予定です。

三週間分の記事が蓄積されていますが、
とりあえず昨日の記事のURLを貼っておきます↓
http://ameblo.jp/sora10201217/entry-11085047279.html
お時間があるとき、覗いていただければ嬉しく思います。

内緒にしていて、本当にごめんなさいm(_ _)m

これからも、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m







スポンサーサイト
2011.09.26 何気ない一日
今日という一日は「あぁ、普段の生活だなぁ」と感じた一日でした。

表現がちょっと変なのですが、先月勃発したアクシデントの対応にひと段落し、
一週間遊びに来ていた両親が神奈川に帰り、いつも通りの生活に戻った実感でした。

アクシデントの渦中にいて、精神的に疲れていた部分があったので、
それがひと段落してホッと一息。

両親が来ているときは、そらの散歩とかご飯とか家事とか、
色々と助けてもらえるので、とっても助かるのですが、
「日常」ではないのですね。

二人が帰ると、急に家が広く感じますが・・・。

今日は程良く仕事をして、空いている時間に夜ごはんの支度をし、
少なくなっていたそらのご飯のストックを作り、
ご無沙汰していたコーヒー豆も焙煎できました。

あんまり日記に書いていなかったかもなので、少々解説すると、
①そらのご飯は基本、手作り食
 つまり、お肉、お魚、お野菜などなど、私がいただくものと同じ食材で作っています。
 私が食べないもの(例えば砂肝とかレバーとか)も買うようになりました(^^)
 いつも一度に5~6日分のご飯を作り、半分は冷凍します。

②大阪に来てから、喫茶店のモーニングにはまっていましたが、
 コーヒーインストラクターの患者さんに自家焙煎を習って、
 いまは生豆を購入し、「自家焙煎したコーヒーで朝ご飯」パターンが増えました。
 コーヒーの焙煎はいたってシンプルで、割と簡単にできます(^^) 

何気ない日常を過ごし、「普通」というか、
いつもしている事を、いつも通りに取り組むことができる幸せを感じたのでした。

今日は少し時間と気持ちに余裕があったので、夜ご飯のおかずは新レシピに挑戦。

レンコンを少し厚めにスライスし、ごま油をひいたフライパンで焼き、
お砂糖、お醤油、少々のお酢で味付け。仕上げにすりごまをぱらり。

なかなか美味でした(*^_^*)

見た目は地味だけど、美味しくて、特別な調味料もいらず、簡単なレシピ。
レパートリーに追加決定です!

あとは、小松菜と油揚げの煮物、牛肉とごぼうの炒め煮、なめことお豆腐のお味噌汁、
ゆず大根をいただきました~。写真撮るの忘れた・・・。

でもきっちり、一汁三菜作ってしまいました(^_-)☆

派手さは無いけど、幸せな一日でした。
限られた時間の中で、課題についての質問は全て終わったので、
私個人的に気になっていることを質問させていただきました。

一年半ほど悩んでいる、そらアレルギーについてです。

一番身近にいて、いつも支えてもらっている大好きなそらに、
私の身体は皮膚の湿疹、喘息という形でアレルギー反応を出しています。

病には、何かしらの意味があり、
そこから学ぶことがあるから起こるのですが、
その理由をず~~~っと考えていて、答えが出なかった私の課題です。

以下、ポーラさんが筆記していただいた内容を書きます。

「私(そら)はママにもっと甘えたい。いつも一緒にいたい。ママがどこに行くにも一緒に行きたい。
ママに忘れて欲しくないから、何か痕跡(アレルギー症状)を残してる。ママ、私を忘れちゃ嫌!
って思ってる。」

そして、アドバイスです。

「どうにかしてもっと一緒に遊ぶ時間を増やして、彼女(そら)がもっと自分をかまってもらっている、
忘れられていないと思えたら治る。」

「それを伝えて。写メを見せて、いつも一緒だよ!ということを伝えて」




ちょっと、いやいや、相当なショックでした

だって、私とそらが一緒にいる時間ってとっても長くて、
仕事の時間はいつも一緒にいる訳で、
いつも「大好きだよ、側にいてくれてありがとう!」って褒め言葉に使ってて、
私が彼女を大切に思っている気持ちを伝えていたつもりだったから・・・。

そらにはそれでも足りていなかったみたいです・・・。

ごめんね、我慢させていたし、不安だったんだね。ごめんね。



そして、その次に出てきたコメント。「ゲソとかも食べたいと思ってる。」

イカは私の大好物です。でもわんこには消化が悪いし、腰が抜けると言われていて、
あまり推奨されない食べ物です。

だから、自分の食卓にのぼるときに、そらにはあげなかったんです。

それを「くれないのは意地悪だと思ってる」との事・・・・・・・・・・・・・・ショックです。

そんなつもり、毛頭なかったよ!でも確かに、なぜあげないのかは伝えてなかったね。

ここでもまた、そらごめんね。です。

昨日は講習会最終日で、私の夜ご飯は懇親会だったので、
買い物に行けなかったんです。

そこで今日、そらと一緒に食べるイカを買ってきて、
ほんのちょっとだけど、一緒に食べました(*^_^*)

そして、アドバイス通り、携帯に入っている写真を見せて、
私が一人で外出するときも、そらはいつも一緒にいるんだよって伝えました。

一日で変わることではないと思うので、
じっくり続けていこうと思います。

食べ物に対する思いの強さや、甘えたいという気持ち、
そらちゃんらしい意見です。

彼女に根気よく伝えて、わかってもらえる事で、
私のアレルギーが緩和したら、とっても面白い事だと思いませんか?

こういう世界もあったら、面白いです。

面白いと思うことには、とりあえず乗ってみます・笑

う~ん、今後の展開が楽しみです!




9月10日(土)21時過ぎから、
私は人生初のエンジェル・リーディングを受けていました。

その前日に、11日の講習会で講師をお願いしていた恩師から電話があり、
一緒にエンジェル・リーディングを受けないかとお誘いがありました。

エンジェル・リーディングをされているポーラさん(日本人です)は、
私が事務をしている大阪九鍼研究会の受講生で、
今はお身体のメンテナンスをさせていただいている患者さんでもあるので
良く存じ上げています。

そして、その日の夜、大阪にいらっしゃる恩師とポーラさんが会うお約束をされていることは
ポーラさんからお聞きしていたのでした。

でも、まさかその日に自分が呼ばれて、セッションを受けるなんて!


実はいま、私の周りでは大きな課題がやってきていて、
色々な対応に追われ、精神的も肉体的にもちょっと気をつけないといけない状況です。

セッションのお誘いは、その状況に前向きに取り組むための恩師の判断でした。

ポーラさんのお人柄は存じ上げているし、目に見えない存在も信じている私には、
恩師からのお誘いはお断りする理由がありませんでした。


新幹線で大阪に到着された恩師をお出迎えし、
ポーラさんの側近のkazさんに車で迎えに来ていただいて、
セッションルームにお伺いしたのでした。

初体験で、未知なる世界との遭遇。

とっても、とっても新鮮でした。そして、色々なことを感じて帰ってきました。

セッションは、ポーラさんを通じて、目に見えない世界の存在から
メッセージを受け取るというものです。

セッション中にポーラさんに質問をすると、
ポーラさんの耳元で、その答えを伝えてくれる存在がいて、
ポーラさんがそれを受け取り、筆記して下さいます。

いわば、ポーラさんが通訳をして下さる感じです。

実は今回、色々な質問に答えて下さった存在が、
天使なのか天界のマスターなのか、質問するのを忘れたので、
正体は不明です・笑

でも、どのメッセージも的を得ていて、う~んとうなりたくなるものでした。

とにかく、おかげ様で、目の前の雲が晴れて、
自分たちの進む道が見えた感覚でした。

初めての経験だったので、とっても不思議だったのですが、
私の心に直に響いてきて、時には涙が出て、とにかく素敵な経験でした。

恩師が、今は他界している私たちの大先輩達の意見を求めました。

そうしたら、生前の個性それぞれが生き生きとよみがえるようなお答えが返ってきました。
(実際には私は面識がない先生方なので、私自身はわからなかったんです。でも生前の交流があった恩師が
 まさにあの先生らしいコメントだとおっしゃっていました。)

魂は永遠の存在で、死は終わりではないことを、
改めて実感させられました。

実に興味深い体験でした。 ②に続く・・・

皆様のご協力のおかげで、今年度の刺絡講習会が無事に終了しました。

四ヶ月間、準備も入れたらもっと長いけど、本当にお疲れ様でした。

今年は最初から雰囲気が良かったので、来月は無いのかと思うと、
少々さびしい感じがします。

受講生の方にお願いしたアンケートにも、
同じようなコメントをいただきました。

開催者側としては、とっても嬉しいですね(^_-)☆
ありがとうございます。

今日は911テロから10年、東日本大震災から半年という
節目の日でした。

実はこの「節目」というのが、私の中で最近のキーワードでした。

今だから言えるけど、数日前には、
今日という一日をどんな気持ちで終えるのか、
ちょっとだけ不安要素がありました。

でも実際には、同じ志の仲間が協力して場を作り、
それが多くの人と良い形で共有でき、大成功に終わりました。

懇親会のにぎやかさにも、それが現れていたと思います。

だって、受講生の半分の方がご参加下さったんですヨ!

しかも、今日は体調が悪くて・・・とご相談を受けた方が
お二人もご参加下さったんですヨ!

もう本当に、涙が出るくらい嬉しかったです。
(お二人とも、懇親会で元気を充電して、体調回復されていますように!)

これはスペシャルゲスト、本日一番の活躍をして下さった
恩師のお力が大きかったです。

そしてそのベースとなる部分は、大阪スタッフの作ってきたものが
しっかりしたものだったからだと思っています。

本当に皆さんのご協力のおかげです。
どうもありがとうございました。

今日は最終日ということもあり、受講生の方々から
私の治療や治療院に関するお問い合わせもいただき、
興味を持っていただける幸せを感じています。

私の経験が、もしどなたかのお役に立てるなら、
ほんの少しでも参考にしていただけるなら、
こんなに嬉しい事はありません。

長屋やし、普段白衣は着てないし、わんこもおるし、
まったく治療院ぽくないとは思いますが(苦笑)
遊びに来ていただけるのは、ほんとにウェルカムです!

ずっと講習会でお会いしていた方たちと、
今度は自分のフィールドでお会いできるなんて、
わくわくします。でもちょっとだけ、緊張もあるかな(^^)

今日は心地よい疲労感と、安堵の気持ちと、感謝の気持ちを胸に、
安眠できそうです

ではそらと一緒に、布団に入ります。おやすみなさ~い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。